1. ホーム
  2. 基礎知識③「オルニチンサプリの副作用」

◇ オルニチンサプリの副作用 オルニチンの基礎知識③

オルニチンは、代表格のしじみを始めキノコ類や豆類など多くの食材に含まれる健康成分ですが、日本だけでなく、健康志向大国のアメリカでもメジャーな有効サプリメントとして数多くの商品が販売され、安全性を確認する多くの実験と豊富なデータが蓄積されている注目の健康成分です。
広く健康や美容に大いに効果・効能アリ!とされているオルニチンですが、例えしっかりとした実績のある成分でも、過剰に摂取する事は好ましくありません。
また、体質によって合わない食材や薬があるように、食品やサプリメントも体質や体調によって合わない事がある事を認識した上で、賢く活用することが大切です。

もともと体内で生産し利用されているオルニチン自体の副作用は、ほとんどないと言われています。
しかし、せっかく自己生産したオルニチンでも、随時消費されるのみで余剰のオルニチンが体内に蓄積される事はありません。
一般的なオルニチンの摂取目安は、1日当たり400mg~1000mgが効果的とされていますが、面倒でも、毎日適量を摂取することが大切なのです。

そこで頼りになるのがオルニチンを含む食品やサプリです。
しかし、手軽に成分を摂取できるサプリメントのメリットは、手軽ゆえの困った側面も併せ持つデメリットでもあることも忘れてはいけません。
というのは、度を超えたオルニチン摂取は胃に負担が掛ったり、お腹がゆるくなる原因になると言われているからです。

また、サプリメントには“オルニチン以外の成分”が同時配合されている場合が少なくありませんから、これらの補助成分を過剰摂取する事によって様々なアレルギー反応が引き起こされる可能性も否定できないのです。
そのため、オルニチン自体の副作用は心配せずに済んでも、その他の成分の副作用を軽視するのは危険です!

オルニチンを、サプリメントとして摂取する場合は、摂取目安量などの使用方法をしっかり守ることはモチロンですが、まずは記載されている配合成分を確認して、自分の体質や、その時々の体調にあう成分かどうかを確認することが、失敗しないオルニチンサプリメント選びのポイントでしょう。

その上で、素人破断の過剰摂取に気をつけながら、日々の健康管理のために賢く活用する事をオススメします。