1. ホーム
  2. 基礎知識②「オルニチンの効果・効能」

◇ オルニチンの効果・効能 オルニチンの基礎知識②

「しじみは、肝臓に良い!」という事は周知の事実ですが、肝臓は、代謝やエネルギーの貯蔵、胆汁の生成、有害物質の解毒などなど、500以上にも上る役割を担う極めて多忙な臓器です。
特に、人体に有害なアンモニアを安全な尿素へ変換する“オルニチンサイクル”(尿素回路)が正常に働く事で、解毒を促進し、有害物質であるアンモニアから身体と脳を守る重要な働きがありますが、これに欠かせないのがオルニチンの存在なのです。

暴飲暴食や睡眠不足・過労などによる肝機能障害の初期症状として一般的なのは、倦怠感でしょう。
肝機能が弱ってくると代謝やエネルギー生産がうまく行われず、それによって肝機能がさらに悪化するという悪循環に陥ってしまいますが、これを積極的かつ効果的にサポートできる成分がオルニチンなのです。

例えば、飲酒によって翌日のだるさや頭痛・眠気などを覚える“二日酔い”という症状を呈した経験を持つ方は少なくないと思いますが、これらの症状は、肝臓の働きが低下して脳へのエネルギー補給を充分に行えないために起こる症状だと考えられています。
俗に、二日酔いにはしじみが効果的だと言われている理由は、しじみに多量に含まれているオルニチン効果を期待してのものでしょう。
しじみに含まれているオルニチンは、解毒をスムーズにして脳へのエネルギー補給をスムーズにすることを、昔の人は(理屈はともかく・・・)経験的に知っていたのです。
このように、オルニチンは解毒以外にも、様々な局面から肝臓の活動をサポートして、肝臓自体が本来の動きを不足なく行えるようにトータルケアしてくれるので、代謝やエネルギー生産が順調に行われ、全身の疲労を感じにくくなるわけです。

また、オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進する働きがあると言われています。
この成長ホルモンは、筋肉や骨の増強や基礎代謝を司る“生物にとって必要不可欠な物質”ですが、それだけでなく、褐色脂肪細胞を活性化して、脂肪燃焼効果をアップする特殊な働きのあるアミノ酸の一種であることも判明しています。

これらの事から、オルニチンには肝機能サポート効果を始めとして、疲労回復やダイエット効果・美容効果など健康と美容に有益な効果が大いに期待できるのです。
また、近年の研究によって、睡眠の質を向上させたり、メンタルヘルスへの好作用がある事も分かって来ている注目成分なのです。